がしょーーーーーーんっ!(⌒▽⌒)ノ←一応新年の挨拶のつもり

…なんぼなんでもハジケ過ぎか(・・;)
年の初めくらい真面目にやるかな。

ええと、旧年中はお世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

さて。かたっくるしい(?)挨拶はこれくらいにして(⌒▽⌒)ノ
皆さんは新年何か良い事はありましたかな?

あたしは去年の終わりに局長に「ユニクロ」に連れてってもらいました。
いや、ここだけの話、あたしは今までにあの幽冥…失敬
(素でこの変換でした)
有名なユニクロとやらに行ったことがなかったのですよ!

「東京で行きたい所があるならどこでも連れていってやろう」という
めったにない温かいお言葉を頂いた時、真っ先に頭に浮かんだのがそこでした。

「なんでそんなにユニクロに行きたいんだ?」という
不思議そうな局長を満面の笑みでごまかし、いそいそと豊洲というところにある
「LALAPORT」という巨大なショッピングセンターへ向かうあたし達。
そこに目当ての「ユニクロ」があるという話でした。

局長には黙っておりましたが、
あたしは「ユニクロ」というその名前にいたく興味があったのです。
「ゆにくろ」という日本語はありません。
しかし英語でもこのままの言葉はありません。
てことはこれは何かの略語でしょう。では何の略なのか。
そこにあたしは関心があったわけなのです。

「クロ」は察するに「Clothes(衣服)の略でしょう。
では
「ユニ」は?
「Unified(統一された)なのか、「Uniformed(画一化した)なのか、
はたまた
「United」なのか! (それはない)
これが分かればその店のコンセプトもおのずと分かろうというものです!
ググれば一発なのだとは分かっておりましたが、
百聞は一見にしかずともいうではないですか。
新たな発見は我が目で、というのも一興です。
あたしは目を皿のようにしてユニクロの看板とやらを探しました。

そしてそこであたしが見たものは!

「UNIQLO」ヽ(‘ー`)/

待った。
「QLO」って何の略やねん。
衣服売るならせめて「CLO」だろうが。
なんでそこで「Q」が出てくるねん。この店名考えたの日本人だろ!
これじゃコンセプトもくそもありませんよ(´_`;)
ここに来るまでのあたしの「わくわく感」をどうしてくれるんだ!

超がっかりのあたしに向かって局長は
「どうした。欲しい服でもあるなら言いなさい」と おっしゃいましたので、
ダークグレーのタートルネックセーターを買って頂きました…。
あったかいっすねこれ…(´_`;)

…お店の方に伺ったところ、
「UNIQLO」って「UNIQUE CLOTHING WAREHOUSE」の略なんですってね。
「UNIQUE」で「UNIQ」までまかなって、「CLOTHING」から「LO」だけ取ったんかいな。
すげぇ発想だ。とてもあたしじゃ思いつかん。
(なんかまだ裏がありそうだが、もうどうでもいい気分になってきたしな(´_`;)
尊敬と畏怖の気持ちを込めて、今後あの店の服を愛用しようと
心に決めた紫乃女であります。

ま、そんなあたしの「ユニクロ論」はおいといて。
パワーストーンコラムのほうでリクエストを頂いておりました
『プレナイト』のお話でもいたしましょうかね。
あとなんだっけ、
「タンビュライト」「クリソブレース」か。
「ダイオプサイド」のリクエスト来たら断固阻止(?)しようと思ってたんですが、
これは無事にスルーされているようでやれやれですよ(⌒▽⌒)ノ

プレナイト(Prehnite) 和名:葡萄石
化学組成:Ca2Al2Si3O10(OH)2 モース硬度:6~6.5
当時南アフリカがまだオランダの植民地であった頃、
その地を統括していた
ヘンドリック・フォン・プレーン(Hendrik von Prehn )大佐
によって発見された鉱物です。プレーン氏が発見したのでプレナイト。
プレーナイトと呼ばれることもあるのはこのせいです。
超覚えやすいですな! (⌒▽⌒)ノ
有名産地はもちろん南アフリカ。あとオーストラリアでも採れるようですね。

「葡萄石」と呼ばれるだけあって、まるでマスカットのような美しい緑色を誇る石です。
産出する時の形状も、葡萄の粒が寄り集まっているような感じなんですよ(⌒▽⌒)
緑簾石(りょくれんせき)方解石(ほうかいせき)と一緒に採れることが多いので、
流通しているプレナイトにはよく緑簾石のインクルージョン
(内包物)
含まれていることがあります。
宝飾用ではないもの(要するに安価で流通しているもの)には、
この緑簾石のインクルージョンが かなりの確率で入っていると思われます。
ま、しょうがないじゃん。一緒に出てくるんだしね!(⌒▽⌒)ノ

さて。基礎知識はこれくらいにして。
とっとと効用のほうに移ります。
なんでかってーと、こいつの効用はややこしくて
説明に手間取るであろうことがみえみえだからですよ!
自分でもどう説明したらいいのかいまだによくわかりません(・・;)
しかしんなことを言っとる場合でもないのでとりあえず行きますよ!

例えば、あなたが物理的に肌に傷を負ったとします。
そうですなぁ、じゃあ転んだことにでもしましょうかね。
肌の表面は当然ざっくりと削れていることでしょう。
ばい菌などによる感染の心配を無視した場合、傷の度合いにもよりますが、
まぁ放置しとけばそのうち出血は収まり、削れた肌は自然と修復されることでしょう。

プレナイトの効用はこの作用に似ています。
「削れたところをそうではない部分と同じだけ盛り上げる。周りと平均化する」

ちょっと別のたとえを出しますよ。
虫刺されなんかどうでしょうかね(・-・)
あなたが…そうですなぁ、蜂に刺されたと仮定しましょう。
蜂の毒うんぬんはこの際棚に放り上げておいて、
そういう解毒処置が適切に終了した後、 炎症を起こした肌は、
その度合いにもよりますが、そのうち炎症は治まり腫れは引き、
自然と周りと同じように修復されてゆくでしょう。

プレナイトのもうひとつの効用はこの作用と似ています。
「異常に盛り上がった部分を削って一般的な部分と同じようになだらかにする。
周りと平均化する」

プレナイトは、「異様に」変化した部分を「そうではない部分」と同じように、
なだらかにする働き
があるとあたしは思います。
ストレスなどであなたの精神が「異様に」疲労していた場合、
それを「そうではない場合の あなたの精神状態に」近づけようとするでしょう。
(異様に疲労している状態をAとした場合&普段の状態をBとした場合、
プレナイトの作用はA→B)

あなたの精神状態が「異様に」興奮状態にあった場合、
それを「そうではない場合の あなたの精神状態」に近づけようとするでしょう。
(異常に興奮状態にある状態をCとした場合&普段の状態をDとした場合、
プレナイトの作用はC→D)

要するに、「異常」な状態を、「普段」の状態のそれに修復しようとする働きがある。
そうあたしゃ言いたいんですけどね(・・;)
我ながら説明が下手で困ってしまいますよ!

これだけ聞けばなかなかに使い道のある石のように思えるかもしれませんね。
んじゃもういっこ「使い道」を提示しましょう。

セラフィナイト(クリノクロア)モスコバイト(ヌーマイトでもOK)
サーペンティンなどと一緒に用いると、
「潜在意識と顕在意識の間の相互伝達を補助」します。

要するに、潜在意識と顕在意識ってのは、
普段から伝達状況が良好であるのが 「普通の状態」なんです。
昔の人間はそうでした。風の音を聞き、星の動きを見ながら、
日々暮らしていた頃のあの時代の人間にとって、
潜在意識の力を借りずに生きてゆけるほど、
世の中は甘いものではなかったからです。
その力を強化することに成功した人間達は
「シャーマン」と呼ばれるようになったものですよ。
我々の先祖とも言える方々ですな!(⌒▽⌒)ノ

しかしこの現代の世において、潜在意識は超ないがしろにされていますよね?
皆さん日々の生活(会社や学校、家庭など)に追われて、
潜在意識が語りかけることなどに 耳を傾けている暇もないからです。
この「異常な状態」を「普通の状態」、つまり
潜在意識と顕在意識が
相互に良好に伝達している状態に戻そう

こういう使い道もプレナイトにはありますね(・-・)y-.。o○

まぁ、この「元の自然な状態に戻そう」という働きのせいで、
プレナイトの効用の解説の大部分は「癒し」という部類に分類されるものに
なっていると思います。 そうだなぁ、んー、ストレス緩和とか、トラウマ改善とか、
リフレッシュ効果とかね。 要するに精神だろうが能力だろうがなんだろうが、
疲れていたりストレス溜まってたりトラウマ食らってたりしたせいで、
「普段の力」を発揮出来なくなっている状態を「元に戻そう」とするわけなので、
どうにでも言い換えが利くんですよ(・-・)y-.。o○ なかなかに便利な話ですな。
なのでそういう方面の効力を必要となさっていらっしゃる方々にとって、
プレナイトとは使い道に溢れた石だとあたしは思います。
色も透明感のある薄い緑色なので、他の石とあわせやすいでしょうしね!(⌒▽⌒)ノ

しかしなーがら。
世の中には「例外」てのがツキモノでしてねぇ!(⌒▽⌒)ノ

先にご忠告。
術などをなさらない方には無関係なお話なんで、
「んな物騒なものには興味なっしんぐ!」な方々は
ここで回れ右をなさって下さいね(・-・)b

えーとでは続きを。
例えばあなたが今、Aという事象をBという状態に変化させる術を
試みている最中だと仮定しますよ?
あなたはAという状態に我慢ならず、その不満を腹一杯に溜め、
Bという状態に憧れ、その羨望で胸を焼き焦がし、
何が何でもA→Bにしてやるのだと、
強い意志と欲望と力を身体から溢れさせようとしています。
身体中の皮が剥がれ、その中からあなたではない別の魔物が
顔を覗かせようとするほどにね。

でね。
その状態って「異常」でしょう?(・-・)y-.。o○
精神状態も異常ならば、肉体的にも呼吸が不自然になりがちになったりして
「異常」な状態になったりするわけで。んでも術中なんだからしょうがないよね?
自分を追い詰めているわけだしさ。
内包するエネルギーを爆発寸前まで溜め込んでいるんだしね、
しょうがないっちゃーしょうがないんですが…

でも、プレナイトはそれを見逃してくれません(・-・)y-.。o○
あなたを元の状態へとCOOL DOWNさせようとしてくれちゃうわけです。

そういうのをな!
いらんお世話の焼き豆腐というんだコノヤロウ!
(ノ ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ⌒━━┻━━┻━━

なので術中にプレナイトはお勧め出来ません。
こっちは必死で「常態」から逸しようとジタバタあがいている最中なんですよ。
それを「自然体に戻そう」とされてはたまったものではありません!o(><;)(;><)o

しかしなーがら。
捨てる神あれば拾う神ありと申しましてね(・-・)y-.。o○ ← 明らかなる誤用

「よぉし、そういうことならこの石はゴミ箱行きだ!」と
オーバースローアクション中の方、 ちょいとお待ち下さいませ(・-・)

プレナイトの効用は「自然体に戻す」ことです。
なので、「術によっていきりたった精神を、
術後、元の状態に素早くCOOL DOWNさせる」ことには使えます
よ。
うまく使えば
「スイッチのON/OFF」にも役立つことでしょう(⌒▽⌒)
使い道さえ誤らなければ使いどころはいろいろある石ということですな!

例えばですよ。
わがままで突飛で怒りっぽくて難解な性格をしている
どこかのハタメイワクな黒魔道師にですね、
プレナイトを持たせたらもっとこう一般的で平均的な性格になるんじゃないかなーとか
そういう使い道だって考えられんことはないっちゃーないわけですが…


そういうのをな!
いらんお世話の焼き豆腐というんだコノヤロウ!
(ノ ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ⌒━━┻━━┻━━
← ハタメイワク


Hit Counter provided by criminal attorney Orange County