カワイイあの子にゃ手を出すな!  No.17
さてはて(・_・)

最近はパワーストーンが流行なんでしょうかねぇ。
綺麗な色合いの石で出来たブレスを
時計なんかとさりげなく腕につけている方をよくお見かけいたします。

昨日のことなんですが。
ある会場で隣同士になった方が、とても美しいトルマリンのブレスを
身につけていらっしゃいました。微妙な淡い色合いの石が
見事なグラデーションを作り上げているブレスでしたよ。
あまりの見事さに、「お、それはトルマリンですかな?
まるでフローライトのようですな!」と声をかけてしまったわけです。



****************************************************
紫乃女のミニミニ鉱物知識コーナー(。・_・。)ノ


フローライト(和名:蛍石) 化学組成:CaF2 モース硬度:4
ラテン語の「fluere」(流れるって意味)が語源。
鉄鉱石を溶鉱炉内で溶かす場合の融剤(フラックス)として
この石が使われていた為、こんな名前がついた石です。
蛍石って名前は、この石をその溶鉱炉(つまり火ね)の中に放り込むと
まるで蛍のように美しく光輝くことが由来だと言われております。
どっちにせよ
やわらかくてもろい石なので取り扱いには注意しましょう(・_・)/
****************************************************




で、その見事なブレスをつけていたご婦人は、にっこり微笑まれると
腕からそのブレスを外し、あたしに手渡そうとなさいました。
もちろんよく見せてあげようと思ってなさった行動だと思います。
その行為自体にあたしはなんのナンクセもつける気持ちはございません。


んがしかーし(・_・)b
良い子の皆さん、皆さんはそのような行動に出てはなりませぬぞ!


まぁ最近のパワーストーン屋さんも、聖別や浄化の知識はお持ちでいらっしゃるのが
一般的になってまいりましたな。結構結構♪
まぁタマに石の性質無視した聖別方法を薦めるユカイな店員さんもいらっしゃいますが、
そういう人達はほっといて、話をどんどん進めましょう。


パワーストーンのコーナーの『基礎知識編過去ログその1』にも
書いてあるとは思うのですが、石というものはある意味、ウォークマンの
充電電池のようなもの
です。
ああいう電池は充電をマメに繰り返している限り(寿命もあるけどね)、
力を出し続けてはくれますが、充電をさぼって中身をからっぽにしちゃうと、
もう力を出してはくれませんよね。

石も同じことなのです(・_・)b

持ってる限り永遠にあなたのために働き続けてくれるわけじゃないんです。
ちゃんと「」もやって下さい。餌もやってないのに主人のために吠える番犬が
どこにいますか。効果を期待するんだったら、それに見合うだけのことを
あなたもなさるのが当たり前だと思います。
横着しないの!(・_・)b←お前にだけは言われたくないぞ!


で、その問題の「」の話に移りますよ。
メールなどでご質問下さっている方々には、呼吸法や気の回し方を記したファイルを
ご希望によりお送りしているのですが、
ま、呼吸法は分からんでもいいので(よくはないが)パワーストーン
持つんだったら、最低でも気くらい回せるようになって下さい。
それが嫌ならビーズをお持ちになられては?プラスチックでもガラス玉でもいいじゃん。
よっぽど安上がりで綺麗ですぜ?(・_・)

なんで気を回せるようになれと、こんなに偉そうに言い切っているのか!?
それは気を回せると効率よく石に気を与えてやることが出来るからです。
あなたの「気」こそがその石の「餌」なのだ。
石を手に入れて働かそうと思うならば、せめて質の良い餌をやるのは
飼い主として当然の行為ではありませんかな?(・_・)b

まぁ、ぶっちゃけた話、気は回せなくても石に気を込めることは可能です。
ただ回せたほうが効率が断然いいんだよねー(-“-)しかもぜんぜん難しくない!
覚えれば3歳児でも出来るコトだとは思うんですがねぇ・・・。


ま、気の回し方なんぞ覚える気はないが、石に餌くらいはやってもいいぞよという
心優しい方々に、ある秘訣をお教えしましょう(⌒∇⌒)ノ

あたしはこの一連のコラムで、複数の石をブレス形状にして持つ前提で
よくお話していますが、それはブレス形状が一番ラクチンに石に餌を与えることが
出来る形
だからです。丸玉でもやろうと思えば出来ますが、
ブレスのほうが断然簡単です。

ブレスの紐を伸びる素材で作ったと仮定します。なに、少し伸びればいいだけですよ。
で、あなたがお休みに(つまりネンネすることね)なる前に、そのブレスを左腕手首に
なさって下さい。んで紐の一部を左手親指に引っ掛けるのです。
そうすると「あやとり」のように紐の一部が左手の手の平を通過することになると
思います。そのままでお休みになって下さい。
朝になって目が覚めましたら元に戻して頂いて結構ですから。

(丸玉の場合:丸玉を左手で握りこみ、朝まで離さないようにする必要があります。
 手袋でもありゃあ別ですが、なかなか訓練なしには出来ることではありません。
 あたしらは出来ますが、一般人さまはそうはいかんでしょう。
 なのでその場合はやはり気の回しをマスターして、起きてる間に石に気を
 与えてやる必要が出てきますね。朝まで離さない自信がある方は必要ありません。)



まぁ、ここで呼吸法や気の回しの話をし出すと、話がいつまでたっても
冒頭のご婦人に戻りませんので、ここでは割愛しますが、
単純に言っちゃうとですね、右手と左手のそれぞれの手のひらには
隠れたチャクラがある
と言われているんですよ。
んで右は「吸う」ほうで、左は「出す」ほうなんですわ。

で、まぁ術の話のほう(バックナンバーのDangerous Tour参照)に
ちと関連しちゃいますが、あなたの本来の力は、あなたの潜在意識が働いている時に
発揮されやすい
んですよ。起きてる時は顕在意識の支配下なので
なかなか力は出しにくいんですよね。

で、訓練を受けてない人が一番潜在意識を発揮出来る時というと
眠っている間なんですよね(・_・)b だから眠る前にブレス(石)を左手手の平を
通過する形にして頂いて、そのまま休んで頂ければ、寝ている間にあなたの気が
左手から石に伝わり吸収されていく
・・・とまぁ、そういう段取りなわけですよ。
どうです?これなら出来そうではありませんか?(⌒∇⌒)ノ


で、話を戻しますよ?(・_・)b


あなたがある石を気に入ったとしましょう。
その石を手に入れ、その石に適した聖別(浄化)を行い、その石に今まで
触れた人の雑念などを消し、まっさらの状態にしたとします。
(プログラミングなさるんでしたら、聖別が終わった後になさって下さい。)

んでいよいよその石に自分の気を与えます。その石はあなたの気を吸い
それを糧とし、あなたの意思を汲み取り、その為に働こうと動き始めます。

そこへ、知らない奴がやってきた。
実に美しいとあなたの石を褒めちぎります。
あなたはついうれしくなって得意げに自分の石をその人へ差し出し・・・

さぁここで思い出して下さい!
その石を聖別したのはなぜですか?
あなたが手に入れる以前に、その石に触れた人間の雑念や
その石が吸い込んだ邪気をいったん綺麗にしたかったから
ではないんですか?

他の人間がその石に触ればどうなりますか?
その人間が右手のみであなたの石に触れたのならばまだマシです。
さっきも言いました通り、右は「吸う」手です。
あなたがその石に込めた力と願いを、その人がちょこっと吸ってそれでおしまいです。
また夜にあなたが充電し直せば済むだけの話ですからね。

んでもその人間が左手であなたの石に触れたら?
その人間の気があなたの石に入るかもしれませんよ?
左手は「出す」手です。そして人の気というものはまるで指紋のように
その人その人によってそれぞれ違うものなのです。

もっと最悪なのが、両手で持たれた場合です。
よく見ようとして両手を添えてその石を持たれてしまったら、
その瞬間にその石に、持った奴の気が「回った」ことになってしまいます
右手は「吸う」手。左手は「出す」手。その両方が石を挟んでしまったら
石にその相手の気が「通電」したことになるんですよ。


それがどうした ですって?
OKOK。分かりやすくご説明しましょう(・_・)b


あなたの気の色を・・そうですね、淡いピンクだと仮定しましょう。
で、相手の気の色が青い色です。
あなたが大事にあなたの気を与え育てている石は
あなたのピンク色の気でいっぱいになっているはずです。

そこへ青い気が入り込んできました。
あなたの石の気はみるみるうちに紫色に変化してしまうでしょう。
それがどんなにわずかな量でも、あなたの石に充満していた「あなたの気」は
他の人間の気によって変化してしまうでしょう

それを元に戻すには、
もう一度聖別して、つまり石をもう一度カラッポにして再度あなたの気を充填するか、
またはその青い色を駆逐するほどの大量のあなたの気を石に押し込めるしか
ありません。どちらにせよ時間と労力の無駄というもんですよ。

元に戻さねばどうなるか。
それはもはやあなたの「石」ではない(・_・)
触った人の「石」でもない。
もう誰のものかも分からない、店で売ってる石となんら変わりはないんです。
雑多な気に満ちた石なのでね・・・。

最高に最悪なのが、呪術師に両手で触らせた場合です。
なんたって呼吸法と気の回しは彼らにとって基礎中の基礎ですから
一度に出せる気の量も、一般人とは比較になりません。
そんな連中が悪意を持ってあなたの石に触れたとしましょう。
あなたの石にどんな気が入るか分かったもんじゃありませんよ!
持ってるだけでもう「不幸のお守り」になるやもしれませんな!≧▽≦b


せっかく大事に育ててきている石なんです。
どうかどなたにも触れさせずに、あなただけで可愛がってやって下さい。
あなただけが餌をやり、あなただけが散歩に連れてゆく犬は
きっとあなただけに忠誠を誓うはず。誰もがその犬に餌をやり、誰もがその犬を
なでてやっていれば、もはや誰の犬かも分からないでしょう?
そんな犬があなたが危機に陥った時、真っ先に駆けつけあなたを守るでしょうか?



あんですと。犬の例えでは分からない?(・_・)
困った野郎ドモだな。よし分かりやすく説明して差し上げましょう!
女性陣はあっち向いてて下さいよー)

いいかい、その石はあんたが一目惚れした「かわいこちゃん」なんだ!
でもあんまりかわいいからさ、他の奴だってついその娘に触りたくなっちゃうんだよ!
いい気になって他の連中に触らせてるとだな、
肝心な時にそのかわいこちゃんは他の奴のとこ行っちまうかもしれないんだぜ!
あんたよりテクのある(出せる気の量が多い・または上質な)奴だっているかもだしさ!
寝取られ男になりたくなきゃあ、大事な娘は手元に置いて気安く触らせるんじゃあ
ないってことだよ、Get the drift?Guys!≧▽≦b


そんなわけで、皆さん。
我が身が可愛けりゃ呪術師だけには
自分の石を気軽に渡さないほうがいいですぞ!(⌒∇⌒)ノ←それが結論かよ!
2005/06/12



**HOME**
[TOP]
shiromuku(e3)DIARY version 1.20